きはだや独自の太節糸を使用し、手機で丹念に織りました、八寸・半巾・角帯などを作成しています。均一に凸凹になっているのではないのが、この帯の特徴。ほどよい厚みがあるので、締めやすく、太節糸がずれを防止します。柄も無地のものから市松模様などシンプルなものが多く、着物に併せやすいです。
青倉とは、地域名のことで長野県にある栄村青倉集落で以前織られていたので、そこから取りました。