明治時代から昭和にかけて大流行した「銘仙」。
独特の色使いや柄のつくりなど現代の人もオシャレに着こなせる
「銘仙」をきはだやでは、独自の解釈をしオリジナルのきものにしました。
くず繭を使用していた「銘仙」に比べ、糸質を改善し
普段着に着ていただくよう色使いも落ち着かせました。
着物だけでなく羽織りにでも着ていただけたらと思います。
この着物を具現化した表現として、「いとおしい」から商品名を取りました。