なよびは、他の紬と違い、二匹の蚕が作る玉繭から紡いだ特殊な糸を縦横糸に使い、節が強く出ますが、これがこの糸の特徴であり、光沢があるとても体になじむ着物です。
縞の着物と違い、無地の紬として作成しています。
風合いを表現するため、商品名を
「なよびか」(しなやかなさまという意味)から取りました。