江戸時代にかけて日本に伝来した唐棧。
当時輸入裂物の中で極細の綿糸を使用した大変貴重な綿織物でした
その理由は綿糸でありながら光沢があり、独特の縞模様はすぐさま「粋」な江戸っ子広まり大人気になりました。
その織物を、着物の産地である十日町の技術を使いきはだやブランドとして絹織物に再現し たのがこの絹唐桟。
当時の唐棧に習いしなやかでかつ軽く丈夫な織物にしました。
縞の配色・配列など独自に考え現在も多数の柄を作成してます。